« 8月23日祈祷会 士師記第6章1-24節 | トップページ | 8月27日説教(郡上八幡伝道所)説教 »

8月27日説教のポイント

あなたに任せます

聖書 マタイによる福音書第16章13-20節

                         伝道師 三輪恵愛

 

①この対話は「イエスとはどういうお方か?」という問いから始まっている

今日のみ言葉は、イエス様が「教会」の働きについて語る珍しいところと言えます。「教会」と訳される言葉はギリシャ語の「ἐκκλησία:エクレシア」です。これは「εκ:エク(外へ)」「καλεω:カレオー(招く)」という言葉からなるもので、「招かれた人たち」という意味から用いられた言葉です。「あなたに任せます」と働きを委ねたのは、ペトロ一人なのか、それとも「エクレシア:教会」なのかが今日の問いとなります。まずイエス様は「人々はわたしを何者だと言うか?」と弟子たちに問いかけます。しかし人々は預言者となぞらえるだけでイエスというお方の独自性には目を向けません。まず「イエスとはどなたか」を正しく認識することをイエス様は望んでおられます。

②ペトロの答えは、「あなたはメシア、生ける神の子です」という信仰の告白となった

「それでは、あなたがたはわたしを何者だと言うのか。」という問いにたいして、ペトロははっきりと「あなたはメシア、生ける神の子です」と答えます。この答えをイエス様は大いに祝福されました。「メシア」は「油注がれた人」という意味で、ギリシャ語では「キリスト」と呼ばれました。神によって遣わされた救い主。イエスと言うお方を正しく言い表す言葉は「キリスト」以外にはないということが、イエス様のペトロへの祝福のなかに込められています。

③小さな石「ペトロ」が「信仰告白」という堅固な岩盤「ペトラ」となる

 そうすると「あなたはペトロ」と言ったあとに「この岩の上に教会を建てる」と言われた意味が明らかになります。決して個人としてのペトロ一人を選んで教会を建てるのではなく、ペトロが正しく信仰を告白したことを踏まえたうえで、そこにイエス様は教会を建てると言われるのです。一人の存在は「ペトロ:石」であっても、信仰をともに告白するなかで、「ペトラ:岩」のうえに教会は建て上げられていくのです。

 この教会に「鍵」が授けられました。教会は福音によって人の魂をイエス様につなげ、福音によって罪の縄目から解きます。「イエスはキリストである」とともに同じ信仰を告白する教会のすべての働きは、福音によって魂を教会につなぎ、また罪から解いていきます。一人ひとりが福音という鍵をさずけられ「あなたに任せます」と、教会の務めを委ねられているのです。

« 8月23日祈祷会 士師記第6章1-24節 | トップページ | 8月27日説教(郡上八幡伝道所)説教 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 8月27日説教のポイント:

« 8月23日祈祷会 士師記第6章1-24節 | トップページ | 8月27日説教(郡上八幡伝道所)説教 »

フォト

カテゴリー

写真館

  • 201312hp_2
    多田牧師「今月の言葉」に掲載したアルバムです。(アルバム画面左上のブログ・アドレスをクリックしてブログに戻れます。)
無料ブログはココログ