« 12月17日説教のポイント | トップページ | 12月24日クリスマス礼拝説教 »

12月23日キャンドルサービス礼拝説教





 

クリスマスメッセージ

「あなたの贈り物はなんですか?」

聖書 マタイによる福音書第231-12       伝道師 三輪恵愛

①世界ではじめて、クリスマスプレゼントをしたのは誰?

クリスマスと言えばプレゼント。「誰にあげよう?なににしよう?」相手の喜ぶ顔を思い浮かべながら、いろいろと思いを巡らせる楽しいときです。有名なのは、サンタクロースのオリジナルと言われる聖ニコラウス。日本で初めてクリスマスプレゼントをしたのは、プロテスタントの救世軍。どちらもまなざしは「持っていない、貧しい人」に向けられていました。東方の学者たちも幼子であるイエス様に貴重なものを贈っています。「黄金」「乳香」「没薬」。彼らにとっては大切なものでしたが、差し出しています。

②「差し出せない」ヘロデ王と「差し出した」東方の学者たちの違い

ユダヤの王であったヘロデ王は「王を拝みにきました」という東方の学者の言葉に不安を抱きます。「いま大切にしている王という座を奪われるのではないか」。自分の今の姿にこだわり、差し出すことができません。かたや東方の学者たちは、これまで探し求めて来た真実にたどりつくことができました。幼子イエス・キリスト。イエス様を与えられたとき、彼らは「黄金」「乳香」「没薬」、大切なものを差し出すことができました。

③神様がまず贈ってくださったプレゼント、救い主イエス・キリスト

 東方の学者たちにとって、イエス様が探し求めていた真実でした。はじめてのクリスマスプレゼントを受け取った彼らは、魔術や占星術に頼って生きて来た古い 自分から、まことの神を礼拝する人へと新しくなっていきます。別の新しい道を たどって帰っていく彼らには、真実を与えられた喜びが表れています。どうぞ、 今夜幼子を礼拝しにきた皆さまも、まず受け取ったプレゼントに喜びつつ、新し い道へと導かれますように。



« 12月17日説教のポイント | トップページ | 12月24日クリスマス礼拝説教 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 12月23日キャンドルサービス礼拝説教:

« 12月17日説教のポイント | トップページ | 12月24日クリスマス礼拝説教 »

フォト

カテゴリー

写真館

  • 201312hp_2
    多田牧師「今月の言葉」に掲載したアルバムです。(アルバム画面左上のブログ・アドレスをクリックしてブログに戻れます。)
無料ブログはココログ