« 5月15日祈祷会:列王記上第18章7-40節 | トップページ | 2019年5月19日主日礼拝説教 »

2019年5月5日主日礼拝説教


 


「愛が満ちる時」


聖書 ヨハネによる福音書第21章15-19節


伝道師 三輪恵愛


1.「愛」と「羊」を用い、ペトロを“羊飼い”として召し上げる復活のイエス様


 『愛』との言葉が充てられる言語を聖書の中に追い求めていくと、豊富な意味領域に圧倒されます。復活のイエス様とペトロの対話が記されている今日の御言葉でも、二つの言葉が同じ『愛』と訳されています。三度の問いのなかで、第一、第二の問いではイエス様は“アガパオー”、ペトロは“フィレオ-”を用います。


<第一、第二の問い> イエス様「わたしを愛(アガパオー)しているか」


ペトロ「わたしがあなたを愛(フィレオ-)していることはあなたがご存知です」


十字架の自己犠牲を現すアガパオー。情愛,親愛,執着を意味するフィレオ-。羊を飼う務めをペトロに任せるため、イエス様はアガパオーを求めておられます。


2.三度の否みを、悲しみをもって思い起こさせる三度の問い掛け


 アガパオーによって羊の群れを養うように、イエス様はペトロに命じます。そのなかで、三度「愛するか」と問われペトロは悲しくなりました。「イエスなど知らぬ」と三度否定したのは、まだ数日前のこと。「自分よりも愛する人を大切にするアガパオーなどとんでもない、フィレオ-ですら危うい」ことを知らされる三度の問い掛け。しかしこの悲しみが、満たされていく愛を知る原点となります。


3.神の栄光が現れるとき、イエス様の十字架がすべてを満たす


「イエスなど知らぬ」と三度否んだところに三度の問い掛け。ペトロに「あなたがご存知です」との信仰を告白させることで、否んでもなお交わりを求める主の愛を知らせます。また第三の問い「わたしを愛するか」ではイエス様はフィレオ-を用いられ、わたしたちのフォレオーの愛に近づいてくださいます。まず自分を愛することからはじめられるように。「自分を愛するように隣人を愛しなさい(レビ19:18)自らを愛することを知らずに、人を愛することなどできません。イエス様がそこからはじめて良いと言ってくださいます。そして18「年をとると、両手を伸ばして、他の人に帯を締められ、行きたくないところへ連れて行かれる。」伸ばした両手を引いてくださり、帯を締めて装いを整えてくださり、思いもよらぬところに連れて行ってくださるのがイエス様。愛の貧しさに悲しみを覚えども、主の愛に満たされ続けながら、やがてそれが満ちる時、神の栄光が現れるのです。


【本文は説教要点の抜粋です。全文は音声をお聞きください】


 

« 5月15日祈祷会:列王記上第18章7-40節 | トップページ | 2019年5月19日主日礼拝説教 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

カテゴリー

写真館

  • 201312hp_2
    多田牧師「今月の言葉」に掲載したアルバムです。(アルバム画面左上のブログ・アドレスをクリックしてブログに戻れます。)
無料ブログはココログ