« 2020年8月19日祈祷会(歴代誌下第11章) | トップページ | 2020年9月13日主日礼拝 »

2020年9月6日主日礼拝

(YouTube動画のリンクは、ライブ配信終了後、説教音声ファイルに差し替えられます)

前奏
招詞 詩編第29編1-2節
讃美歌 8(1,4節)
主の祈り
交読文 詩編第149編(交読詩編162p)
讃美歌 151
聖書 マタイによる福音書第17章14-23節(新33p)
祈 祷
讃美歌 224(1,4節)
説教『そこへ連れて行きたい』
祈 祷        三輪恵愛牧師
讃美歌 510(1,3,4節)
献金
頌栄 29
祝祷
報告
後奏

※使用される聖書と讃美歌
 日本聖書協会『新共同訳』
 日本基督教団出版『讃美歌21』

 

マタイによる福音書第17章14-23節

一同が群衆のところへ行くと、ある人がイエスに近寄り、ひざまずいて、言った。「主よ、息子を憐れんでください。てんかんでひどく苦しんでいます。度々火の中や水の中に倒れるのです。お弟子たちのところに連れて来ましたが、治すことができませんでした。」イエスはお答えになった。「なんと信仰のない、よこしまな時代なのか。いつまでわたしはあなたがたと共にいられようか。いつまで、あなたがたに我慢しなければならないのか。その子をここに、わたしのところに連れて来なさい。」そして、イエスがお叱りになると、悪霊は出て行き、そのとき子供はいやされた。弟子たちはひそかにイエスのところに来て、「なぜ、わたしたちは悪霊を追い出せなかったのでしょうか」と言った。イエスは言われた。「信仰が薄いからだ。はっきり言っておく。もし、からし種一粒ほどの信仰があれば、この山に向かって、『ここから、あそこに移れ』と命じても、そのとおりになる。あなたがたにできないことは何もない。」一行がガリラヤに集まったとき、イエスは言われた。「人の子は人々の手に引き渡されようとしている。そして殺されるが、三日目に復活する。」弟子たちは非常に悲しんだ。

 

説教『そこへ連れて行きたい』牧師 三輪恵愛

1.イエスさまの受難予告に非常に悲しむ弟子たち。その直前に起きたこととは・・・

 福音書のなかでは3回記される「受難予告」(16:21,17:22,23,20:17-18)。十字架に架かられるまえに、イエスさまがご自分の死を予告するところです。そのなかで弟子たち全員がこの予告を悲しむのは、今日の箇所の22.23節のみです。しかも「非常に悲しみます」なかには悲しみのあまり落涙した弟子もいたかもしれません。とくにここで悲しむ理由には、その直前にあった出来事が関わっていたことでしょう。

2.一生懸命に救いのために取り組む弟子たちを「出来ない」とそしる「時代」に。

 ある人がてんかんに苦しむ息子を救って欲しいとイエスさまにひざまずいて願っています。ところが「なんと信仰のない、よこしまな時代なのか。いつまでわたしはあなたがたと共にいられようか。いつまで、あなたがたに我慢しなければならないのか(17)と、お怒りになっているようにも聞こえることを言われます。「時代」、それは頼みにきた父親、そこにいる群衆たちも含めたもの、つまり世の中にむけて「信仰がない、よこしま」だと言います。それは父親が「お弟子たちのところに連れて来ましたが、治すことができませんでした(16節)」と言ったからでしょう。しかし弟子たちはこの息子を救おうとしたのです。時代は「イエスの弟子たちは救うことが出来ない」と、救おうと励む時代の弟子たちに対して、出来ないことを誹ります。その弟子たちをイエスさまは「信仰のない時代によく救うための業を怠らずに行っている」と認め、励ましておられるのです。

3.薄い信仰から、イエスさまのもとに連れて行く、からし種一つ粒の信仰へ、

 弟子たちは「ひそかに」理由を聞きに行きます。するとイエスさまは「信仰が薄いからだ(20節)」と答えます。これは弟子たちにとって懐かしい言葉でした。ガリラヤ湖で大嵐にあったとき(8:26)、一緒にイエスさまが舟にのっておられることを忘れて不安に叫び、同じく湖上を歩くイエスさまに近づいたペトロが恐ろしくなって溺れたとき、力強くその手を救い上げながら語られた言葉でした(14:31)。イエスさまが共にいてくださるのに忘れてしまう。それを「薄い信仰」という懐かしい言葉で思い出させるのです。「からし種一粒の信仰」もそうです。イエスさまは天の国を語りました。それは命の信仰です。たとえ小さくても復活の力に満ちた信仰です。イエスさまは「わたしのところに連れてきなさい(17節)」そう言って子供を治しました。それは「復活の主のもとに連れて行く」ことに集中する信仰です。「あなたがたにできないことは何もない」そう言って、イエスさまはいつの時代の弟子たちをも励ましています

« 2020年8月19日祈祷会(歴代誌下第11章) | トップページ | 2020年9月13日主日礼拝 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2020年8月19日祈祷会(歴代誌下第11章) | トップページ | 2020年9月13日主日礼拝 »

フォト

カテゴリー

写真館

  • 201312hp_2
    多田牧師「今月の言葉」に掲載したアルバムです。(アルバム画面左上のブログ・アドレスをクリックしてブログに戻れます。)
無料ブログはココログ