« 2021年2月7日主日礼拝 | トップページ | 2021年2月21日主日礼拝 »

2021年2月14日主日礼拝

(説教音声のみ)

 

黙祷
招詞 詩編第138編1-3,8節
讃美歌 8(1,4節)
主の祈り
聖書 ルカによる福音書第5章33-39節(新111p)
祈 祷
讃美歌 196(1,2節)
説教『繕(つくろ)う手に込める』 三輪恵愛牧師
祈 祷
讃美歌 436(1,2節)
報告
頌栄 27
祝祷

※使用される聖書と讃美歌
 日本聖書協会『新共同訳』
 日本基督教団出版『讃美歌21』

 

ルカによる福音書第5章33-39節

33人々はイエスに言った。「ヨハネの弟子たちは度々断食し、祈りをし、ファリサイ派の弟子たちも同じようにしています。しかし、あなたの弟子たちは飲んだり食べたりしています。」 34そこで、イエスは言われた。「花婿が一緒にいるのに、婚礼の客に断食させることがあなたがたにできようか。 35しかし、花婿が奪い取られる時が来る。その時には、彼らは断食することになる。」 36そして、イエスはたとえを話された。「だれも、新しい服から布切れを破り取って、古い服に継ぎを当てたりはしない。そんなことをすれば、新しい服も破れるし、新しい服から取った継ぎ切れも古いものには合わないだろう。 37また、だれも、新しいぶどう酒を古い革袋に入れたりはしない。そんなことをすれば、新しいぶどう酒は革袋を破って流れ出し、革袋もだめになる。 38新しいぶどう酒は、新しい革袋に入れねばならない。 39また、古いぶどう酒を飲めば、だれも新しいものを欲しがらない。『古いものの方がよい』と言うのである。」

 


説教『繕(つくろ)う手に込める』

 

1.悔い改めたと言いながら、盛大な宴会で飲み食いしているイエスさまの弟子たち

 「ヨハネやファリサイ派の弟子たちは度度断食し、祈りをしています。しかし、あなたの弟子たちは飲んだり食べたりしています(33)」。この問答に至ったいきさつには盛大な宴会を開いた人、徴税人レビが関わっています。レビは悔い改めてイエスさまの弟子となり、その喜びのままに盛大な宴会を開きます。そしてほかの弟子たちも一緒に飲み食いを楽しみます。しかしヨハネやファリサイ派の弟子たちは、悔い改めを表すための断食や祈りをしていました。人々は「これこそ敬虔な姿だ」と考えていました。悔い改めは、自分の罪を悲しみ悔いることである。それなのに盛大な宴会を開き、弟子たちは飲み食いする。それで悔い改めていると言えるのか?と問うのです。

2.うわべの敬虔で「一部のみ」ではなく、外も内もすべて新しくされる喜びへ

 そこでイエスさまは御自分を花婿にたとえて言います。「彼らは、わたしと一緒に生きることで神に立ち返った。だれもその喜びを奪うことはできない」。そして、二つの譬えをお語りになります。一つは古い服に新しい継ぎを当てるたとえです。一部を新しくしても不自然なだけ。すべて新しい衣に袖をとおしてこその喜び。もう一つが古い革袋に新しいぶどう酒を入れても、台無しになるたとえ。外側を新しくするばかりではなく、中身に新しいものが注がれていくのです。神の前に悔い改めて、新しくされる生き方。それは、ただうわべだけ、あるいは一部だけが新しくされるのではない、とイエスさまは言われるのです。それは、すべてが新しくされていく喜びであると。

3.悔い改めに相応しいものが何もない弟子たちのために、主はすべてを備えたもう

さらにイエスさまは御自分の弟子たちが断食する日々もあると言われます(35節)。「花婿を奪われる」、神が共に歩んでおられるのかわからない日々。それは心からの悲しみを抱える日々。うわべの断食など必要がありません。食も通らない悲しみです。しかし、そのような真実の悲しみを悔い改めたからこそ、中身から新しくされる喜びに満たされます。暗示的に示される「花婿が奪われる時」、たしかにイエスさまは弟子たちから奪われ、十字架に掛けられたます。しかし、それは新しいぶどう酒が注がれるための備えでした。外側も新しく(時の新しさ:ネオではなく、聖なる新しさを表すカイノス)され、内側には新しいぶどう酒が注ぎ込まれます。キリストは、弟子たちのためにすべてを備え、全身を新しくされます。なにもないからこそ、新しい晴れ着を繕ってくださる主の御手のなかに、キリストの弟子たちは生かされていくのです

 

 

« 2021年2月7日主日礼拝 | トップページ | 2021年2月21日主日礼拝 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2021年2月7日主日礼拝 | トップページ | 2021年2月21日主日礼拝 »

フォト

カテゴリー

写真館

  • 201312hp_2
    多田牧師「今月の言葉」に掲載したアルバムです。(アルバム画面左上のブログ・アドレスをクリックしてブログに戻れます。)
無料ブログはココログ