« 2021年5月2日主日礼拝 | トップページ | 2021年5月16日主日礼拝 »

2021年5月9日主日礼拝

説教音声

礼拝動画

黙祷
招詞 詩編第72編14-17節
讃美歌 4(1,2,3)
主の祈り
聖書 ルカによる福音書
第24章44-50節(新161p)
祈 祷
讃美歌 336(1,2)
説教『大喜びで帰っていく道』 
三輪恵愛牧師
祈 祷
讃美歌 458(1,2)
報告
頌栄 28
祝祷

※使用される聖書と讃美歌
 日本聖書協会『新共同訳』
 日本基督教団出版『讃美歌21』

 

ルカによる福音書第24章44-50節

44イエスは言われた。「わたしについてモーセの律法と預言者の書と詩編に書いてある事柄は、必ずすべて実現する。これこそ、まだあなたがたと一緒にいたころ、言っておいたことである。」 45そしてイエスは、聖書を悟らせるために彼らの心の目を開いて、 46言われた。「次のように書いてある。『メシアは苦しみを受け、三日目に死者の中から復活する。 47また、罪の赦しを得させる悔い改めが、その名によってあらゆる国の人々に宣べ伝えられる』と。エルサレムから始めて、 48あなたがたはこれらのことの証人となる。 49わたしは、父が約束されたものをあなたがたに送る。高い所からの力に覆われるまでは、都にとどまっていなさい。」
天に上げられる
50イエスは、そこから彼らをベタニアの辺りまで連れて行き、手を上げて祝福された。 51そして、祝福しながら彼らを離れ、天に上げられた。 52彼らはイエスを伏し拝んだ後、大喜びでエルサレムに帰り、 53絶えず神殿の境内にいて、神をほめたたえていた。

説教大喜びで帰っていく道』三輪恵愛牧師


1.復活して弟子たちと再会されたのもつかの間、また天に昇って離れていかれる主

 復活節の歩みは、やがて聖霊降臨祭(ペンテコステ)に近づいていきます。全部で7回の日曜を過ごす復活節ですが、そのなかに必ず通る「中間地点」があります。それが「主の昇天の日(今年は5/13)です。この週に迎える昇天日にあたり、今日のみ言葉が与えられました。弟子たちとしばらくの時を過ごされた復活のイエスさまは、彼らの見ている前で天に昇っていかれます。それまでの日々、弟子たちと共に過ごされます。彼らにとっては愛するイエスさまが復活され、その御身体をもって共にいてくださることは、なによりも心強いことだったでしょう。ところが昇天の日、弟子たちから「離れて」昇っていかれます。再会したばかりなのに、再び別れが訪れます。

2.別れの間際に、イエスさまは弟子たちに将来の教会の姿を言い渡される             

しかし別れのあとの弟子たちの姿は悲しいものではありません。「大喜びでエルサレムに帰り、絶えず神殿の境内にいて、神をほめたたえていた(52,53)喜びながら礼拝を捧げているのです。昇天にあたりイエスさまはいくつかのことを弟子たちに告げます。まず「聖書が示す救い主キリストは、わたしイエスだということ(44)、次に「その真実を悟らせるために心の目を開かせる(45)、そのことで「罪の赦しを得させる悔い改めを与える(46,47)、さらに「弟子たちが証人となって世界中に伝えていく(48)です。ここには今、この時にも伝わっている教会の姿があります。聖霊降臨に先立ち、イエスさまは教会を建て上げる手順を弟子たちに言い渡されるのです。

3.大きな喜びの源、それは神さまが必ず約束を果たしてくださることへの信頼

そのなかでも、弟子たちの「大喜び」の源となったことはこの言葉です。「父が約束されたものを(わたしが)あなたがたに送る。高い所からの力に覆われるまでは、都にとどまっていなさい(49)イエスさまから委ねられた教会の使命は、弟子たち自身の力によってのみ進められるのではありません。「高い所からの力」が弟子たちを覆うから、その時を待ちなさいと言われます。その力を送る約束を果たすためにイエスさまは天に昇りました。この約束が弟子たちの喜びの源となっているのです。今日まで久しく教会は、つねに主の約束を信頼し続けています。「キリストによって救ったあなたがたをわたしは最後まで守り続ける」この神さまの約束への信頼は、主の十字架と復活によって確かなものとされています。確実な約束に信頼して生きる大きな喜びに満たされて、教会はこの朝も神さまを喜びほめたたえます。これこそ、主の証人の姿です。

 

 

 

« 2021年5月2日主日礼拝 | トップページ | 2021年5月16日主日礼拝 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2021年5月2日主日礼拝 | トップページ | 2021年5月16日主日礼拝 »

フォト

カテゴリー

写真館

  • 201312hp_2
    多田牧師「今月の言葉」に掲載したアルバムです。(アルバム画面左上のブログ・アドレスをクリックしてブログに戻れます。)
無料ブログはココログ