« 2021年11月21日主日礼拝 | トップページ | 2021年12月5日主日礼拝 »

2021年11月28日主日礼拝

(郡上八幡伝道所説教)

※機材のトラブルにより、岐阜教会での説教録音が出来ませんでした。

郡上八幡伝道所での礼拝説教を配信いたします。

説教要旨はほぼ同じものです。

 

ルカによる福音書第12章13-21節

13群衆の一人が言った。「先生、わたしにも遺産を分けてくれるように兄弟に言ってください。」 14イエスはその人に言われた。「だれがわたしを、あなたがたの裁判官や調停人に任命したのか。」 15そして、一同に言われた。「どんな貪欲にも注意を払い、用心しなさい。有り余るほど物を持っていても、人の命は財産によってどうすることもできないからである。」 16それから、イエスはたとえを話された。「ある金持ちの畑が豊作だった。 17金持ちは、『どうしよう。作物をしまっておく場所がない』と思い巡らしたが、 18やがて言った。『こうしよう。倉を壊して、もっと大きいのを建て、そこに穀物や財産をみなしまい、 19こう自分に言ってやるのだ。「さあ、これから先何年も生きて行くだけの蓄えができたぞ。ひと休みして、食べたり飲んだりして楽しめ」と。』 20しかし神は、『愚かな者よ、今夜、お前の命は取り上げられる。お前が用意した物は、いったいだれのものになるのか』と言われた。 21自分のために富を積んでも、神の前に豊かにならない者はこのとおりだ。」

 

 

説教『おはよう!のかけ声とともに』三輪恵愛牧師

1.遺産の公平な分配を求めた人を受けて語られた、たとえ話が示すもの「貪欲」

「先生、わたしにも遺産を分けてくれるように兄弟に言ってください(13)しかしこの訴えに対し、イエスさまはきっぱりと不介入を宣言します(14)。そして「一同」、そこにいた皆に向けてたとえ話を語られます。それは、ある金持ちが豊作となり、倉を立て替えてさらに富を増やすのですが、その夜に命を失うと神さまに言われるというものでした。この人は新しい朝に「おはよう」が言えません。このたとえ話を聞いていた弟子、群衆、ファリサイ派一同は、遺産の公平な分配を願った人が、たとえ話の金持ちのように「貪欲」だと言われていると思ったかもしれません。

2.たとえ話の金持ちの突然の死。しかし貪欲への報復ではないとするならば?

しかしたとえ話のあとに結ばれる言葉は、貪欲がもたらす信仰の危うさに注目させるものです。「神の前に豊かにならない者はこのとおりだ(21)」。たとえ話の金持ちは「愚か者」と呼ばれています。「罪人」ではありません。また「貪欲」とは「もっと欲しがる」という意味を持ちます。この金持ち、そして訴えた人に共通することは「命のためにもっとも必要なものが何であり、誰に求めるかを知らない愚かさ」という点です。イエスさまは「人の命は財産によってどうすることもできない(15)ともお語りになります。どれほど富を積んでも命数は変えられません。生きていくために豊かにされるべきものは目に見えるもの、手に入れられるものではないということです。そうではなく「神のまえに豊かにされていく」ということなのです。

3.「死の夜」を通り抜け、新しい朝を迎えるため、唯一の約束への信頼を豊かにする 

地上のもので自分自身をどれほど豊かにしようとも、わたしたちの力では通り抜けることの出来ない夜があります。死の夜です。金持ちの姿は、目に見えるものを次々と変えながら「自分に言い聞かせて(19)」、欠けを満たそうと「もっと欲しがる」生き方を示します。しかしその生き方には、必ずくる死の夜を通り抜け、新しい朝を迎えるための豊かな生き方は見えてきません。唯一、復活の新しい朝を迎えられたイエス・キリストのもとにしかないのです。イエスさまは言われます。わたしと共に「おはよう!」と復活の朝を迎えることが出来るから、安心して神の約束のまえに豊かにされていきなさいと。それは、イエス・キリストが保証する約束への信頼を豊かにされていく人生です。復活の朝、「おはよう」との掛け声を必ずかけてくださることをイエスさまは約束しておられます。その日を待ち望みながら、新しい朝を迎えるごとに、キリストによる約束への信頼を豊かにされていくのです。

« 2021年11月21日主日礼拝 | トップページ | 2021年12月5日主日礼拝 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2021年11月21日主日礼拝 | トップページ | 2021年12月5日主日礼拝 »

フォト

カテゴリー

写真館

  • 201312hp_2
    多田牧師「今月の言葉」に掲載したアルバムです。(アルバム画面左上のブログ・アドレスをクリックしてブログに戻れます。)
無料ブログはココログ